1月の失業率2・4%、大幅改善 人手不足が背景

 総務省が2日発表した1月の完全失業率(季節調整値)は、前月比0・3ポイント低下の2・4%で、大幅に改善した。1993年4月に記録した2・3%以来24年9カ月ぶりの水準。厚生労働省が発表した1月の有効求人倍率(季節調整値)は前月と同じ1・59倍で、高度成長期直後の74年1月に記録した1・64倍以来の高水準を維持した。

 総務省は失業率改善の要因について、完全失業者が前年同月比38万人減の159万人だったことを挙げ「人手不足感から企業の採用意欲も強く、幅広い産業で就業に結び付いている。良い動きであることは間違いない」と分析している。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ