対日関係改善に期待感、中国 国政助言機関の報道官

 【北京共同】中国の国政助言機関、人民政治協商会議(政協)の王国慶報道官は2日、北京の人民大会堂で記者会見し、日中関係について「われわれは良い方向に発展し続けるよう望んでいる」と述べ、改善に期待感を示した。

 日本が呼び掛ける首脳の相互往来については「両国関係を正しい発展の軌道に戻し、ハイレベル往来にふさわしい雰囲気をつくる必要がある」と指摘。改善の兆しが出ているとして「このチャンスを大切にするよう希望する」と強調した。

 一方、日本側の歴史認識問題や一部の政治家の「中国を戦略的ライバルと見なす考え方」を改めるよう重ねて求めた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ