米、全ての国に輸入制限か 商務長官「大統領が決める」

 【ワシントン共同】ロス米商務長官は2日、米CNBCテレビのインタビューで、トランプ大統領が表明した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限は「全ての国に適用されるとみられる」と述べた。「最終的には大統領が決めることだ」とも語った。日本製品も対象となる可能性が高まった。

 輸入制限の主な標的となる中国は、他の国を経由して大量の鉄鋼やアルミを米国に輸出しているとみられる。トランプ政権は全ての国を輸入制限の対象とすれば、中国の迂回輸出にも対抗できるとみているようだ。

 国際通貨基金(IMF)は2日、輸入制限に懸念を表明し「外国だけでなく米経済にも損害を与える」と指摘した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ