北朝鮮、非核化前提を非難 米と「条件なしに対話」

 【北京共同】北朝鮮外務省の報道官は3日、米国が北朝鮮の非核化を米朝対話の条件としていることを非難し、前提条件なしに「平等な立場で互いの関心事となる問題を論議、解決する対話」を目指すと表明した。朝鮮中央通信が伝えた。

 米国との対話に臨む用意があることを改めて示した一方、非核化を前提とした対話には応じない姿勢を明確にした。米朝間の隔たりは大きく、対話が実現するかどうかは予断を許さない。

 報道官は、トランプ米大統領が「正しい条件下」でのみ対話すると述べたことや、非核化まで「最大限の圧力」を維持する方針を示していることに「笑止千万だ」と反発した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ