東京円、105円台前半

 週明け5日の東京外国為替市場の円相場は、対ドルで買われ、1ドル=105円台前半で取引された。ユーロに対しても上昇し一時129円台前半を付け、約半年ぶりの円高水準となった。

 午後5時現在は、前週末比34銭円高ドル安の1ドル=105円39~40銭。ユーロは21銭円高ユーロ安の1ユーロ=129円45~49銭。

 前週にトランプ米大統領が保護主義的な通商政策を表明したことを受け、世界経済への悪影響の懸念から、安全資産とされる円を買ってドルを売る動きが優勢だった。日銀副総裁候補が国会で所信を述べたが、為替相場への影響は限られた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ