日本郵便、自動運転車で荷物輸送 東京・霞が関で実験開始式典

 日本郵便は7日、自動運転車で郵便物を運ぶことを想定した実験を12日から始めるのを前に、東京・霞が関の本社で式典を開いた。自動運転車が本社を出発し、近くの公道をデモ走行した。ドライバー不足の対策として2020年をめどに実用化を目指す。

 日本郵便の横山邦男社長は式典で「通販市場の担い手として持続的なサービスを提供する社会的使命があり、自動運転車の導入は喫緊の課題だ」とあいさつした。

 実験は16日まで。自動運転車が日本郵便本社から銀座にある郵便局まで、途中の郵便局を経由して約2キロの公道を走行し、模擬の郵便物や荷物を運ぶ。運転席には安全確保のため人が乗る。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ