大正銀と徳島銀が合併へ 19年秋、トモニHD傘下

 トモニホールディングス(HD)は12日、傘下の大正銀行(大阪市)と徳島銀行(徳島市)を、2019年秋までに合併させる方向で検討に入ったと発表した。日銀のマイナス金利政策による金利低下で経営環境が悪化する中、経営を一本化し経費削減などを進め、生き残りを図る。同じトモニHD傘下の香川銀行(高松市)は合併せず、独立を維持する。

 関西では、今年4月に近畿大阪銀行と関西アーバン銀行、みなと銀行が経営統合し、関西みらいフィナンシャルグループとなる。強力なライバルの誕生に対し、合併による効率化で対抗する狙いもあるとみられる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ