改ざん、経団連会長「言語道断」 意図明らかにすることが課題

 経団連の榊原定征会長は12日の記者会見で、森友学園を巡る財務省の文書改ざん問題について「公文書の書き換えは言語道断だ。事実を解明して国民の不信感を払拭してほしい」と厳しく批判した。その上で「どういう意図、指揮命令で行われたか調査をし、国民に明らかにすることが喫緊の課題だ」と強調した。

 一連の問題で国会運営が滞り、安倍政権が最重要法案と位置付ける働き方改革関連法案は閣議決定ができていない。榊原氏は「書き換え問題の解明はきちんと行った上で、山積している課題はしっかりと審議してもらいたい」と訴えた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ