日本の「#MeToo」道半ば 伊藤詩織さん、国連で記者会見

 【ニューヨーク共同】自身への性暴力被害を告発したジャーナリスト、伊藤詩織さん(28)が16日、米ニューヨークの国連本部で記者会見し、セクハラ被害を訴える「#MeToo」(「私も」の意)運動について「日本では欧米に比べ大きな動きになっていない」と述べ、被害者が声を上げにくい状態が続いているとの見方を示した。

 伊藤さんは被害を告発した後、自分に落ち度があったと女性から責められた体験を証言。警察の捜査では人形を使いながら性的暴行の状況を再現させられ、つらい思いをしたと振り返り、被害者を支える態勢も不十分だと指摘した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ