中国・習指導部、2期目始動へ 権力集中、王毅氏は国務委員兼任

 【北京共同=渡辺靖仁】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)は19日、国務院(政府)の主要人事を決める全体会議を開き、中国人民銀行(中央銀行)総裁に易綱副総裁(60)を選出したほか、外交担当の国務委員に王毅外相(64)を昇格させ、引き続き外相も務めさせる人事を決めた。筆頭副首相に韓正・共産党政治局常務委員(63)を選んだ。昨年10月の党大会を経た党と政府の主要人事の入れ替えが終わり、習近平国家主席に権力を集中した2期目が始動する。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ