リコー、1700億円の赤字に 北米事業低迷、見通し下方修正

 リコーは23日、2018年3月期の連結業績見通しを下方修正した。低迷する北米事務機事業の価値を引き下げたことにより、純損益は当初予想のゼロから1700億円の赤字に転落する。前期実績は34億円の黒字だった。同日午後4時から東京都内で山下良則社長が記者会見する。

 価値を引き下げて損失を計上するのは、08年に約1600億円で買収した米事務機販売大手アイコンオフィスソリューションズ。14年に買収した米ITサービス会社も対象とした。北米市場はペーパーレス化の加速で想定以上に収益力が低下していた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ