3市町、豪雨の特別警報周知せず 法律違反か

 台風18号による豪雨で気象庁が全国で初めて発表した特別警報について、京都府京田辺市、滋賀県竜王町と日野町の3市町が「住民の混乱を招く」などの理由で周知を見送っていたことが18日、分かった。気象庁は気象業務法違反の可能性もあるとしている。

 京田辺市によると、16日午前6時に広報車などで避難準備情報を伝えたが、午前5時5分に発表した特別警報には触れなかった。市安心まちづくり室の小林隆課長補佐は「不十分な対応だった。反省しなくてはならない」とした。

 滋賀県日野町は、避難中に住民がけがをするなどの混乱を懸念し、伝達しなかったという。

PR

PR

注目のテーマ