エジプト北部で爆発、2人死亡 大統領選控え、高官狙ったテロか

 【カイロ共同】エジプト北部アレクサンドリアで24日、爆弾が爆発し、内務省などによると2人が死亡、負傷者も出た。地元治安当局の高官を乗せた車が付近を通過する際に爆発しており、高官を狙ったテロとみられる。犯行声明は出ていない。

 エジプトでは26~28日に大統領選の投票が行われる。過激派掃討を進めるシシ大統領の当選が事実上確定しているが、投票に合わせ同種の事件が続く懸念が深まっている。内務省によると、爆弾は路上に停車した車の下に仕掛けられていた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ