商工中金、新たな不正577件 最終的に5538件、調査完了

 商工中金は26日、中小企業を対象にした危機対応融資などを巡る不祥事を受けた追加調査で、新たに577件の不正が見つかり、最終的に5538件になったと発表した。今回の報告で一連の調査は完了する。

 危機対応融資での不正は、昨年10月に公表した報告では4802件だったが追加調査で23件増え、最終的に4825件となった。不正があった口座は4609から4631に増えた。不正融資の実行額は13億円増えて2660億円となった。

 経済統計調査「中小企業月次景況観測」で発覚した担当者が架空の数値を報告する不正も、これまでより23社増えて165社となった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ