元ロシア情報機関員の娘が回復 神経剤襲撃、解明に期待

 【ロンドン共同】英南部で4日に起きた神経剤襲撃事件で、元ロシア情報機関員セルゲイ・スクリパリ氏と共に被害に遭い、病院で治療を受けていた娘ユリアさんの容体が急速に回復し、重体の状態を脱したと英BBC放送が29日伝えた。事件解明に向けた捜査の進展に期待が高まりそうだ。

 ロイター通信は同日、スクリパリ氏は依然として重体だが状態は安定しているとの病院関係者の情報を伝えた。

 事件について英政府はロシアを非難し、駐英ロシア外交官らを国外追放。多数の欧米諸国が同調したが、ロシアは関与を否定している。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ