ガザでデモ、9人死亡 数万人参加、軍と衝突

 【エルサレム共同】パレスチナ自治区ガザで30日、70年前の1948年5月のイスラエル建国で故郷を追われたパレスチナ難民の帰還を求めるデモが始まり、数万人の住民らがパレスチナの旗を掲げながらイスラエルとの境界沿いを行進した。参加者の一部がイスラエル軍と衝突し、ガザの保健当局は9人が死亡、千人以上が負傷したと明らかにした。

 主催者は境界付近にテントを設置し、約1カ月半の間、平和的デモを続けるとしているが、デモ隊が暴徒化し、警戒を強めるイスラエル軍とのさらなる激しい衝突に発展することが懸念される。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ