韓国、朴前大統領に懲役24年 国政混乱で「厳重な責任」

 【ソウル共同】大企業グループから巨額の賄賂を受け取ったとして収賄罪などに問われた韓国の前大統領、朴槿恵被告(66)に対し、ソウル中央地裁は6日、懲役24年、罰金180億ウォン(約18億円)の判決を言い渡した。地裁は判決理由で「権限を乱用し国政を混乱に陥れる不幸が繰り返されないよう、厳重に責任を問わざるを得ない」と指摘した。

 求刑は懲役30年、罰金1185億ウォン。朴前大統領は昨年秋から出廷拒否を続けており、6日も欠席した。

 国政介入事件を受け罷免された朴前大統領の刑事裁判は国民的関心を集め、6日の公判は初めてテレビ中継された。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ