希望・民進、新党綱領を来週決定 調整加速、党首会談も

 希望、民進両党は19日、新党構想を巡り協議会を国会内で開催し、来週にも新党の綱領や基本政策などを決定する方針を確認した。協議会に先立ち、希望の玉木雄一郎、民進の大塚耕平両代表も国会内で会談し、新党設立へ調整を加速する考えで一致した。両党は大型連休前の結党合意を目指している。

 協議会では、両党幹部から綱領などに対する提案が相次いだ。希望の岸本周平幹事長代理は終了後、網羅的に修正を施すと記者団に明らかにした。20日も協議会を開き、新党名や党首選の在り方について議論を始めるとの見通しも示した。

 両党実務者は、原発政策で「2030年代に原発ゼロ」と明記で合意。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ