鹿児島の信金に業務改善命令 九州財務局

 九州財務局は20日、職員が顧客の預金など1億円近くを着服や流用したほか、不祥事の多くについて経営陣が隠蔽を指示していたなどとして、鹿児島相互信用金庫(鹿児島市)に、責任の明確化や法令順守を求めて業務改善命令を出した。信金によると、稲葉直寿理事長は後継者への業務引き継ぎ後に退任するほか、複数の理事も6月下旬の総代会で退任させる方針。

 信金や九州財務局によると、預金や掛け金の着服や流用があったほか、ノルマ達成のために各年度末、顧客に無理な融資に応じてもらうなど、計約1600件を不祥事に当たると認定。合計額は約5億3800万円に上り、職員23人が関わっていた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ