女川原発再稼働は20年度以降 東北電、東通も延期へ

 東北電力は26日、女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の安全対策工事の完了時期を2020年度に延期すると発表した。18年度後半を目指していたが、今年3月に延期を表明していた。これに伴い、再稼働も20年度以降にずれ込む。

 また、東通原発1号機(青森県東通村)の安全対策工事も、19年度としていた完了時期を延期すると発表。女川2号機と同様、再稼働も遅れる見通し。

 原田宏哉社長は記者会見で、新規制基準への適合性審査や安全対策工事の状況を総合的に勘案したと説明。「安全確保と地域の理解を前提に、早期の再稼働を目指して引き続き全力を尽くす」と述べた。

PR

PR