民間ロケット打ち上げ延期 窒素ガス漏れで改修

 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は29日、自社開発した小型ロケットMOMO(モモ)2号機の同日の打ち上げを延期したと発表した。機体に搭載した窒素ガスが漏れたため。改修して5月3日以降の打ち上げを目指す。

 29日朝に打ち上げようと大樹町で作業中に漏れが分かった。同社の稲川貴大社長は、昨年7月の1号機の失敗を踏まえ、改良のために2号機で設計を変えた部分にミスがあったことが原因と説明した。

 同社を創業した実業家の堀江貴文さんは「想定外の不具合が発生してしまった。全力で直している」と話した。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ