「別府アルゲリッチ音楽祭」開幕 20回目、若手奏者が13曲

 アルゼンチン出身で世界的ピアニストのマルタ・アルゲリッチさんが総監督を務める「別府アルゲリッチ音楽祭」が6日、大分県別府市で開幕した。1998年からほぼ毎年開催され、今年で20回目の節目を迎えた。

 別府市のホールで開かれたオープニングセレモニーでは、二つの高校の吹奏楽部がファンファーレを披露し、大分県出身のバイオリニスト朝来桂一さんら若手奏者が約800人の観客の前で「荒城の月」など全13曲を演奏した。

 音楽祭は大分の他に茨城、東京、静岡で6月8日まで開かれる。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ