韓国、「韓進」会長夫人を立件 暴行と業務妨害の疑い

 【ソウル共同】韓国警察は6日、大韓航空を中核とする財閥韓進グループの趙亮鎬会長の妻、李明姫氏を暴行と業務妨害の疑いで立件したと明らかにした。聯合ニュースが伝えた。韓国メディアは4月、工事現場で関係者を小突いたり書類をばらまいたりする人物の映像を伝え、会長の妻とみられると報道。警察が事実関係を調べていた。

 4月の報道によると、映像は仁川国際空港付近にある系列ホテルの工事現場で2014年に撮影されたもの。大韓航空は報じられた当時、捉えられた人物が「誰か分からない」としていた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ