中国、対米黒字22兆円削減 貿易協議で提示と報道

 【ワシントン共同】米中両政府は17日、ワシントンで閣僚級の貿易協議を始めた。ロイター通信によると、中国は対米貿易黒字を年2千億ドル(約22兆円)程度削減する案を提示した。トランプ米政権の要求に応じた形だが、黒字削減の具体策は明らかになっておらず、米側が提案を受け入れるかは不透明だ。

 トランプ大統領は17日、ホワイトハウスで記者団に「中国は非常に甘やかされてきた」と述べ、協議では強硬姿勢を崩さずに市場開放を迫る考えを表明。その後、トランプ氏は中国の劉鶴副首相と会談した。

 閣僚級協議は米中の貿易摩擦が激化してから2回目で、18日まで2日間開く。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ