将棋、藤井が最年少七段懸け対局 竜王戦5組

 将棋の藤井聡太六段(15)が、史上最年少の七段昇段に挑む竜王戦ランキング戦5組の準決勝が18日、船江恒平六段(31)を相手に大阪市の関西将棋会館で始まった。

 これまでは1957年、加藤一二三・九段(78)が記録した17歳3カ月。藤井六段が勝てば、規定により最年少の15歳9カ月で七段に昇段する。2月1日に五段、同17日には六段となったばかり。今春、高校生となった最年少プロの快挙なるかに注目が集まっている。

 規定では、竜王戦の予選に当たるランキング戦で、2回連続で昇級すれば七段に昇段する。5組から4組への昇級枠は4人。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR