パレスチナ人保護の決議案 安保理、クウェートが配布

 【ニューヨーク共同】在イスラエル米大使館のエルサレム移転に抗議するデモ参加者がイスラエル軍の銃撃などで多数死傷したことを受け、国連安全保障理事会の非常任理事国クウェートは18日までに、パレスチナの市民の保護を目指す決議案を配布した。21日以降、安保理内で協議する。

 共同通信が入手した決議案はイスラエル軍を非難しており、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスが住民をそそのかしたのが衝突の原因だと主張するイスラエルは強く反発している。採決されれば、イスラエルを擁護する米国は拒否権を行使するとの見方が強い。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ