是枝監督、トロフィー手に足震え カンヌ国際映画祭授賞式

 【カンヌ共同】「今年のパルムドールはコレエダ…」。審査員長の女優ケイト・ブランシェットさんが、「万引き家族」の是枝裕和監督の名前を読み始めると、会場は拍手と歓声に包まれた。19日夜(日本時間20日未明)に開かれたカンヌ国際映画祭の授賞式。是枝監督は壇上でブランシェットさんから最高賞パルムドールのトロフィーを受け取って見つめ、万感胸に迫ったように「うわぁ」と声を漏らした。

 「さすがに足が震えています。この場にいられることが本当に幸せです。この映画祭に参加していつも思いますが、映画を作り続けていく勇気をもらいます」と喜びを語り、穏やかに言葉を継いだ。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ