国民民主、連合と協力確認 参院選見据え幹部が会談

 国民民主党の玉木雄一郎、大塚耕平両共同代表は21日午前、連合の神津里季生会長と東京都内で会談し、来年の統一地方選や参院選を見据え、協力を確認した。神津氏は「野党勢力の一つの核になるよう期待したい」と表明。玉木氏は「選挙態勢の早期構築に万全を期したい。連携強化を図りたい」と応じた。

 会談では、安倍政権が今国会の最重要課題と位置付ける働き方改革関連法案を巡り、高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」創設を法案から削除すべきだとの認識で一致した。

 神津氏は会談後、国民民主党との政策協定に前向きな考えを改めて記者団に強調した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ