北極の海氷にプラスチック粒子 世界最悪レベルで蓄積

 地球規模の海洋汚染が問題になっているプラスチックの微粒子「マイクロプラスチック」が、北極の海氷の中に大量に蓄積していることをドイツなどの研究チームが21日までに突き止めた。

 氷を溶かして海水1リットル当たりの数を調べると、最大1万2千個に上り、これまで韓国やデンマークの沖などで報告された世界最悪レベルに匹敵。チームは「北極域の生物への悪影響や、地球温暖化で海氷が解けることによる汚染拡散が懸念される」と警告した。

 マイクロプラスチックは直径5ミリ以下の粒子の総称。67%は粒径が0・05ミリ以下と極めて小さく、生物の体内に取り込まれやすいものだった。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ