日商会頭、自動車関税で米批判 「ちょっと信じられない」

 日本商工会議所の三村明夫会頭は24日の記者会見で、トランプ米大統領が自動車に追加関税を課す輸入制限の検討を指示したことに関し「安全保障を理由に関税をかけるのはちょっと信じられない。冷静な米国に戻ることを期待している」と述べ、米政権を批判した。

 三村氏は「米国は鉄鋼とアルミニウムも安全保障を理由に輸入制限をかけた。自動車だと全世界的な影響が大きい」と指摘。発動されれば、日本だけでなく、カナダやメキシコなど多くの国との貿易摩擦は避けられないと懸念を表明した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ