NY原油続落、70ドル台

 【ニューヨーク共同】24日のニューヨーク原油先物相場は3日続落し、指標の米国産標準油種(WTI)の7月渡しが前日比1・13ドル安の1バレル=70・71ドルで取引を終えた。

 前日発表された米週間原油在庫の増加が引き続き材料視されたほか、石油輸出国機構(OPEC)が6月にも減産の緩和を決めるとの観測も相場を圧迫した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ