もんじゅ廃炉計画、滋賀県に説明 原子力機構

 高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)の廃炉決定に伴い、日本原子力研究開発機構(原子力機構)の幹部らが30日、滋賀県の三日月大造知事を訪れ、廃炉計画などを説明した。

 もんじゅの半径30キロ圏に含まれる滋賀県と同県長浜市、同県高島市は、原子力機構と安全協定を締結している。

 原子力機構の田口康敦賀事業本部長らは、約30年に及ぶ廃炉計画の工程を説明。使用済み燃料や冷却材のナトリウムの処理については、燃料の取り出しと並行して技術的な検討を進めるとした。

 三日月知事は、より一層の連携協力や廃炉工程での安全確保を要請した。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ