金正恩氏側近、米長官と協議 NY入り、首脳会談へ詰め

 【ニューヨーク、ワシントン共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の側近で、対米交渉を主導する金英哲党副委員長が30日、米ニューヨークに空路到着した。ポンペオ米国務長官と夕食を取りながら、史上初の首脳会談実現に向け大詰めの協議を実施。31日も協議する。米朝の間に溝があるとされる非核化の手順や、北朝鮮が見返りとして求める体制保証などを巡り、大筋合意を図れるかが焦点だ。

 北朝鮮指導部の要人の訪米は、2000年10月にクリントン大統領(当時)と会談した趙明禄・国防委員会第1副委員長(当時、故人)以来、約18年ぶり。夕食を取りながらの協議は、約1時間半で終了した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ