ポーラが洗浄料を自主回収 金属片やガラス粒が混入

 化粧品会社のポーラは31日、微細な金属片などの異物が混入したためボディー洗浄料「オードフルール」シリーズを自主回収すると発表した。健康被害は報告されていないという。

 混入があった商品はタイの協力会社の工場で製造された。中身を調べたところ、最大0・1ミリの金属片や最大1ミリのガラス粒が混入していた。

 対象の商品は、2014年11月以降に販売した「オードフルール」シリーズの「フレグランスボディシャンプー」や「フレグランスバスエッセンス」の10品目とサンプル3品目。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ