徴用工像を強制撤去、韓国・釜山 日本総領事館近く

 【釜山共同】韓国の労働組合などでつくる市民団体が、かつて日本に徴用された労働者の像を南部釜山の日本総領事館前に設置しようとして阻止され近くの歩道に放置している問題で、歩道を管轄する釜山市東区は31日、像を強制撤去した。団体側は付近で集会を開いて強く反発。警察は警官約1500人を動員して警備に当たった。

 韓国政府は外交公館の保護などの観点から総領事館前の設置は不適切だとして、釜山市内の「国立日帝強制動員歴史館」への設置を勧めてきたが、団体側が応じていなかった。撤去に先立ち31日午前から韓国政府や東区などが団体と協議したが、話し合いは平行線をたどった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ