謝罪の言葉記す短冊、火にくべる 高知県南国市、町おこしイベント

 高知県南国市で31日、普段はなかなか言えない謝罪の言葉を書いた「あやまり短冊」を火にくべる「おたき上げ」のイベントが行われた。胸につかえていた謝罪の言葉を叫んですっきりしてもらう恒例の「ごめんな祭」の中で実施予定だったが、13日に雨天中止となっていた。

 実行委員会によると、謝罪の言葉は会員制交流サイト(SNS)などで募集。県産木材を使用した鳥居とお供え台を設置した「ごめんなさい神社」で、「ティッシュ(ペーパー)をポケットに入れたまま洗濯してごめんなさい」などと書かれた約130枚の短冊がおたき上げされた。

 ごめんな祭は、市内の「後免町」にちなんで始まった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ