出生数、2年連続百万人割れ 出生率1・43、人口減加速

 2017年に生まれた赤ちゃんの数(出生数)は統計開始以来、最少の94万6060人(前年比3万918人減)となり、2年連続で100万人を割り込んだことが1日、厚生労働省の人口動態統計(概数)で分かった。女性1人が生涯に産む子どもの推定人数「合計特殊出生率」は前年比0・01ポイント減の1・43と2年連続で低下。死亡数は134万433人で、出生数を引いた人口の自然減は39万4373人と過去最大の減少幅となった。

 合計特殊出生率は人口維持に必要とされる2・07に遠く及ばなかった。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ