気象庁、東日本は記録的な暖かさ 3~5月の天候まとめ

 気象庁は1日、春(3~5月)の天候まとめを発表した。暖かい空気に覆われやすく全国的に気温が高かった。特に東日本(関東甲信、北陸、東海)では平年より2・0度高く、春としては統計を開始した1946年以降で最も高くなった。

 日本付近への寒気の南下が弱かったため。北日本(北海道、東北)と西日本(近畿、中四国、九州)で1・4度、沖縄・奄美で0・7度、それぞれ平年より高かった。

 地点別では、仙台市や福岡市など30地点で春の平均気温としてはこれまでで最も暖かく、名古屋市や奈良市など12地点では過去最高と並んだ。

PR

科学・環境 アクセスランキング

PR

注目のテーマ