14日に板門店で南北軍事会談 閣僚級合意、対話拡大へ

 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は1日午後、板門店の韓国側施設「平和の家」で閣僚級会談を続け、韓国統一省によると、緊張緩和に向けた将官級軍事会談の14日開催や、離散家族再会事業のための赤十字会談を22日に開くことで合意した。軍事会談は板門店、赤十字会談は北朝鮮・金剛山でそれぞれ開く。

 韓国は南北対話を拡大させて融和ムードを維持し、米朝首脳会談の実現に向けた環境づくりを進めたい考えだ。

 4月の南北首脳会談で合意した「板門店宣言」の履行に向けた具体策が主要議題。韓国は趙明均統一相、北朝鮮は李善権祖国平和統一委員会委員長が首席代表を務めた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ