仏財務相「G7はG6プラス米」 鉄鋼輸入制限で溝

 【ウィスラー共同】フランスのルメール経済・財務相は1日、カナダ西部ウィスラーで記者団に、ムニューシン米財務長官が先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で孤立しているとの認識を示した。米国が発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限に各国が反発し、溝が広がっていることが原因と説明した。

 ロイター通信によると、会議に出席しているルメール氏は「不幸なことに、G7はG6プラス米国になろうとしている」と指摘。米国が欧州連合(EU)を輸入制限の対象に加えたのは「法律に照らして容認できず、政治的に不公正で経済にとって危険」と語った。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ