野党、麻生氏の辞任要求 自民、総務会で異論噴出

 野党は5日、学校法人「森友学園」に関する財務省の決裁文書改ざん問題の調査結果を巡り「一件落着ではない。麻生太郎副総理兼財務相が責任を取らねば許されない」(立憲民主党の枝野幸男代表)として、辞任要求を強めた。自民党総務会では調査結果に異論が噴出。財務省の太田充理財局長は参院財政金融委員会で、過去の答弁について誤りだと謝罪した。

 枝野氏は党会合で「これだけ不当なことを行っても、開き直ればまかり通るというモラルのない社会が、安倍晋三首相の言っていた『美しい国』だというのがはっきりした」と批判。野党第1党として真相究明に全力を挙げる考えを示した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ