国民投票法改正の協議継続 立民、6日提出に同意せず

 衆院憲法審査会は5日の幹事懇談会で、憲法改正の手続きを定めた国民投票法改正案の国会への共同提出を巡り協議した。自民、公明両党は前回幹事懇で大筋合意した内容に基づき、6日に改正案を提出する方針を示したのに対し、立憲民主党は時期尚早として同意しなかった。国民民主党は回答を保留した。6日の幹事懇で改めて協議する。

 与党は立民が反対しても、日本維新の会や希望の党と改正案を衆院に共同提出し、7日に審議入りしたい考えだ。ただ、憲法審は与野党合意の上で運営しており、野党第1党の反対を押し切る形で協議を進めれば、今後の憲法論議に支障を来す可能性がある。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ