NY株反落、13ドル安 ナスダックは最高値

 【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比13・71ドル安の2万4799・98ドルで取引を終えた。貿易摩擦の懸念などから利益確定売りに押された。ハイテク株主体のナスダック総合指数は31・40ポイント高の7637・86と連日で最高値を更新した。

 メキシコが米国から輸入する農産物や鉄鋼製品に報復関税を課すと発表したことから、関連業界の銘柄に売りが目立った。金融株も売られた。

 一方、非製造業関連の経済指標が市場予想を上回り、米経済の先行きへの期待から、ハイテクや消費関連株が買われた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ