ケイト・スペードさん死亡 服飾ブランド設立、自殺か

 【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市警は5日、服飾ブランド「ケイト・スペード」設立者で著名ファッションデザイナーのケイト・スペードさん(55)が、ニューヨークの自宅アパートで死亡しているのが見つかったと明らかにした。米メディアによると、スカーフで首をつったといい、自殺とみられる。遺書とみられるものも見つかった。

 スペードさんは1962年、中西部ミズーリ州カンザスシティー生まれ。女性誌マドモアゼルでアクセサリー担当の編集を務めた後、93年にバッグなどを扱う「ケイト・スペード」を設立し、世界的な人気ブランドに成長させた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ