野党、委員長解任決議案を提出 カジノ法案採決阻止で

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案を巡り、立憲民主党など野党6党派は12日、衆院内閣委員会での13日採決を職権で決めた山際大志郎委員長(自民党)の解任決議案を衆院に提出した。14日の本会議で与党の反対多数によって否決される見込みだが、それまでは内閣委を開催できないため、13日採決は阻止される。

 これを受けて、与党側は15日の内閣委でのIR法案採決とともに、同日の本会議での衆院通過を目指す。一方、審議不十分と批判している野党は法案を所管する石井啓一国土交通相の不信任案提出なども視野に、抵抗を続ける構えだ。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ