クラブで催涙弾、17人死亡 ベネズエラ、パーティーでけんか

 【ボゴタ共同】南米ベネズエラの首都カラカス西部のナイトクラブで開かれていた卒業パーティーで16日未明、けんかが起き、男が催涙弾を投げ、呼吸困難などで未成年者を含む少なくとも17人が死亡、5人がけがをした。警察当局は男ら7人の身柄を拘束した。レベロル内務・法務相が明らかにした。

 パーティーには約500人の若者らが参加していた。死者やけが人らが運ばれた病院の医師は、地元メディアに「出口に殺到した人たちに押しつぶされたのではないか」と述べた。

 当局はクラブの閉鎖を命令。身柄を拘束された中にはクラブのオーナーもいる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ