車いすで「お伊勢参り」 高校生らボランティア

 伊勢神宮(三重県伊勢市)の内宮で17日、車いす利用の人たちが参拝するのを支援する「車いすde伊勢神宮参拝プロジェクト」が開かれ、車いすの15人と地元高校生らのボランティア約60人が参加した。

 正宮まで約800メートルの参道は玉砂利で、車いすの通行が困難なため、タオルを前輪に掛け、2人で両側からつり上げて浮かし、もう1人が押して進んだ。正宮前にある25段の階段は3人で持ち上げ、1段ずつゆっくり上がった。

 初めて参拝した特別支援学校中学部3年の松本晴さん(14)=大阪府東大阪市=は「みんなが支えてくれたので、階段も怖くなかった」と笑顔で話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ