韓国「戦時の性暴力根絶を主導」 慰安婦、象徴に位置付けか

 【ソウル共同】韓国の康京和外相は19日、戦時の女性に対する性暴力の根絶に向け韓国が主導的な役割を果たすとする「女性と共にする平和イニシアチブ」を発表、21人の諮問委員を任命した。委員には旧日本軍の従軍慰安婦問題に携わる市民団体代表や専門家らが名を連ねており、同問題を戦時性暴力の象徴と位置付け活動を展開する公算が大きい。

 康氏は18日、慰安婦問題を「深刻な人権問題」として国際社会に定着させるよう新計画を発表すると述べていた。河野太郎外相は19日、「(慰安婦問題解決をうたった)日韓合意の精神に反する」と懸念を表明した。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ