国会、来月22日まで有力 政権、延長へ調整

 安倍政権は19日、会期末を20日に迎える国会会期について、約1カ月間延長する方向で最終調整に入った。7月22日まで32日間延ばす案が有力だ。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案や、参院選の「1票の格差」是正のため、定数を6増やす公選法改正案の成立に万全を期す必要があると判断。安倍首相と公明党の山口代表が20日午前に会談して正式決定し、午後の衆院本会議で議決する。野党は内閣不信任決議案などの提出を視野に徹底抗戦の構えだ。

 自民党幹部は「21日までとの案もあるが、通常国会は1回しか延長できない。余裕を持たせて22日だろう」と記者団に述べた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ