温暖化、持続可能な開発に悪影響 紛争も、国連が危機感を表明

 【ニューヨーク共同】国連は20日、貧困・飢餓の撲滅や環境・資源の保全など幅広い分野で掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成状況をまとめた報告書を発表した。多くの指標で改善が続いているものの、地球温暖化や紛争の影響で悪化した分野もあるとして、危機感を表明した。

 SDGsの達成期限は2030年。グテレス事務総長は前書きで「残された時間はわずか12年だ。直ちに行動し、行動を加速させなければならない」と訴えた。

 栄養失調状態にある人の数はここ10年以上減少傾向が続いていたが、最新の16年時点では8億1500万人で、前年から3800万人増えた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ